2011年05月27日

#3

私は宮城県に住んでいますが、幸いにも大きな被災はなく
今は普段の生活を送っております。

釣りにも行ける状況ではありますが、道路が地割れをしていたり
酷い場所では、通行止でリザーバーに行けない場所もあります
でも、釣りが出来るだけ有難いと感謝の毎日

被災されて、釣りに行きたくても行けない人が沢山いると
思います。今回のプロジェクト、自分にナニが出来るワケでは
ありませんが是非とも参加させて下さい

(宮城県・やま様)
posted by quiet funk at 17:37| Comment(0) | 日記

#2

下記は先日、仙台市・ANCHOR 菊地様からいただいたメールです。
菊地様の了解を得て、その一部をご紹介させていただきます。
現地の状況を知っていただく一助になれば幸甚です。

〜中略〜
幸い当店は内陸の仙台市内ですので、津波の被害にも遭わず被災を免れました。

市内はすでに平静を取り戻しておりますが、
津波に遭った沿岸部はTVでご覧になる通りの状況です。

私の叔父夫婦も沿岸部の気仙沼で被災し
家を流されましたが、命だけは助かりました。
何度か物資を届けに行きましたが、本当に凄い惨状です・・・・

釣り仲間も数名が津波により被災しましたが、なんとか命だけは助かりました。

津波は数キロ内陸まで到達し、釣り場も何箇所か無くなりました。
海に近い平野部の田畑も津波により潮が入ってしまい
今年は田植えが出来ない状況で、リザーバーも水を溜めず釣りが出来ません。

本来ならこんな状況なので、釣りなんかやってる場合ではない様な気がしますが、
こんな時だからこそ「大好きな釣りを!」と考えております!
先日も福島のお客様と一緒に釣りに行きました。
まったく釣れませんでしたが、釣りをしているお客様の顔は終始笑顔でした!

原発や放射能問題等、まだまだ問題が山積みですが
粘り強い東北人、復興へ向け気合で頑張って行きます!

(仙台市・ANCHOR 菊地様)

追記
posted by quiet funk at 12:25| Comment(0) | 日記

#1

ご提案、被災した方々(私も含め)には、大変ありがたいお話です。実行される際には、甘えさせて頂きます〓
実は、津波に流されて行方不明だった、釣り道具を入れていたスーパーハウスを見つけて、ロッドやルアーを回収する事が出来ました〓先にリールは見つけてあったので、ほぼ全ての道具が帰って来ました。本当に奇跡だと思います〓
ただし、塩水に浸かったため、フックは全て錆びてしまいました〓新品の箱入りもです〓
もし、お願いできるのであれば、交換するフック類を頂きたいですね。
1.jpg

まだ、仮設住宅には入れず、中学校の体育館で非難生活です〓
今度は家族単位で段ボールの囲いができたので、quiet funkのステッカーを貼ってみました〓
早くバス釣りに行きたいです〓
(宮城県・いつもサンダル様)
posted by quiet funk at 10:05| Comment(0) | 日記

はじめに

バス釣りという趣味を通じて知り合ったもの同士で、何かできる事がないかと始めたプロジェクトです。

被災地で困っている人が投稿で呼びかけ、このサイトでそれを見た人が支援する。
ブログ投稿形式というシンプルな形で立ち上げました。

支援の要請、提供のみではなく、ニュースにならない被災地の日常、バス釣りを取り巻く状況など、情報交換の場になれば幸いです。

プロジェクトとして綿密な計画があるわけではありません。
ここから広がる何かがあればいいと思って始めました。
皆様からのアイデア、ご意見、などなど頂ければありがたいです。

また、ご賛同いただき、ご協力いただける方からのご連絡を広くお待ちしております。

このプロジェクトの趣旨、概要については画面右側に記載しました。
注)携帯のiモードでは画面右側が表示されないようです。フルブラウザまたはPCでご覧下さい。


PS:投稿お一人目は、qfバスフィッシングメモリーでお馴染みの”いつもサンダル”さんです。
いつもサンダルさんご兄弟とのやりとりが、今回のプロジェクトのきっかけでもあります。
当方の呼びかけに快くお答えいただき今回ご協力いただきました。
posted by quiet funk at 09:48| Comment(0) | staff