2016年03月11日

#31

31.JPG
こんばんは、いつもお世話になっております゛いつでもあくび゛です。
本日3月11日は東日本大震災から5年です。
被災地、各地域は追悼式や慰霊祭がありました。
皆様はいろんな思いでこの5年間過ごしたと思われます。
NHKのテレビ放送を見て地震発生時刻に海の方向に手をあわせ黙とうしました。
復興に携わる仕事をさせて頂いてますから普通の方より毎日復興の進み具合、取り組みはを肌で感じております。

5年という時が過ぎた事により出てきた問題や地域や住民の復興の格差など難しい問題が山積みです。
知りたく無くてもテレビやラジオ、メディア報道では映らないのか映さない、さまざまな深刻な出来事も知ってしまいます。

宮城の沿岸は防波堤、防潮堤工事などはなかりのスピードで進んでおります。

福島県はこれから…始まる感じです。
放射能除染作業を大勢の作業員の方や工事の方達の車両、復興ダンプで大混雑…。仮設住宅や復興住宅団地地域からは、工事に伴う騒音震動や交通渋滞やらのクレームは日常茶飯事で作業が思う様進まない事も現実あります。1日でも早い復興する為に迷惑にならないよう心掛けておりますが。

今年になって浪江町、小高など行きますが帰宅困難地域を走ると人の住んでない街並みや倒壊したままの家が並び、パトカーが巡回、バリケードされ警備員が立つ道路。ちょっと山奥は黒の屯パック(除染作業で集めたもの)が広大な敷地にクレーン車で沢山積み上げられた光景。ラジオではその日の福島県各地域の放射線量情報が流れて、どの地域が数値が高いかが分かるのにはちょっと驚かされてしまいます。

復興へ道のりは、まだまだ時間がかかります。これからの私達が出来る事は防災意識を高めるにつきます家族で話し合って下さいそして必要なものは準備して下さい。
いつ自然災害が起こるか分からないです。まさかの為に備えです。
そしていつも応援してくださる日本中の方に感謝しております。ありがとうございます。
がんばろう、東北魂!!

(宮城県・いつでもあくび様)
posted by quiet funk at 23:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。