2011年09月07日

#14

★ペイフォワード in 名取復幸秋まつり vol.2

T Ito.jpg
仙台市の伊藤孝弘です。(いつでもあくび)
遅くなりましたが、お祭りの報告をさせて頂きます。

0 029.jpg

名取復幸秋まつり
9/4台風12号の影響で宮城.名取市は、曇り空でたまに少々強い風が吹く祭当日の朝を迎えました。

映像 136.JPG

映像 118.JPG

映像 119.JPG

私の友人達の協力を頂きテント張り、また提供品を届けて頂いた仙台のショップ.アンカーの菊地さん、お客さんの木村さんも準備に参加して貰いました。

映像 120.JPG

映像 121.JPG

映像 122.JPG

郡山ポパイスタッフ一同様、菊田釣り具店様、など全国の皆さまの支援で沢山陳列する事が出来ました。スタッフ一同驚きの高額品.レアものなどヨダレたらしてばかりでした。ありがとうございました。

映像 124.JPG

映像 125.JPG

映像 126.JPG

準備をお終えた我が”ペイフォワード"のテントには高知より久保田さん、奥様に来て頂けスタッフ達一同大興奮。ご挨拶してると開始前から品定めをする方々が入って次々とお決めになられました。嬉しい限りです。


映像 127.JPG

映像 129.JPG

映像 131.JPG

話を伺うと被災地、海が近い為釣り道具一式流された方が多かったです。今回は名取市民のお祭りで楽しいプログラムしたので子供からご年配の方まで沢山の方にお渡しすることが出来ました。

映像 132.JPG

映像 133.JPG

映像 134.JPG

希望した商品を頂いた方の笑顔がありましたが、またお渡ししたスタッフの笑顔がこぼれるイベントでもあったと思いました。直接現地の皆様にふれあえ手渡し出来たのはこのプロジェクトの目指していたものでした。

映像 135.JPG

映像 137.JPG

映像 139.JPG

今回のプロジェクトも大成功だったのではないでしょうか!これも皆様のご協力のおかげです感謝致します。ありがとうございました。

映像 146.JPG

映像 148.JPG

映像 149.JPG

最後に...記録的な大雨により大きな被害をもたらした台風12号。紀伊半島周辺地域被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます...

***

以上、今回のペイフォワードスタッフの中心メンバーである、"いつでもあくび" 伊藤孝弘様からの秋祭りイベントレポートでした。ありがとうございました。

伊藤様ご兄弟始め、アンカー菊地様、スタッフの皆様、色々とお世話になりありがとうございました。また、この機会を与えてくれた『Peace Of Life...』片岡様と関係者の方々に御礼申し上げます。

そして、当日、会場に来ていただいた皆様にお会いできて本当に良かったです。
(タイミングが合わず、お会いできなかった方もいらっしゃったようですが、また機会を改めて東北を訪れたいと思っていますのでその時を楽しみにしています)

元気を届けに行こうと思って現地を訪れましたが、皆さんの笑顔にこちらが元気と勇気をいただいた気がしました。ありがとうございました。頑張ってください!

quiet funk 久保田 健二



今回、開催までに時間的余裕が無かったので、提供を広く呼びかけられませんでしたが、ご協力・ご提供いただいた皆様の一部を下記に記しておきます(すべての方のお名前を明記できないことをお許しください)


Special Thanks to..

Ito Bro. & Pay Forward Staff
Peace Of Life...
ANCHOR
POPEYE SW 郡山店
菊田釣り具店
わてト隊長&吉田&松原
名取お祭り実行委員会

‥and more

(敬称略・順不同)


0 032.jpg

☆8/14の夏祭りイベント(福島県・郡山市)でペイフォワードブースを出していただいたPOPEYE SW 郡山店様に帰路、寄らせていただきました。今回の9/4の秋祭りイベント(宮城県・名取市)にも高橋店長を始めスタッフの方々からご提供いただきました。

PS:台風の最中、宮城まで車で行くと伝えた淡路PAスターバックスコーヒーのお姉さんありがとうございました。暖かいお心遣いに元気100倍でした。スタバ大好きです。 
posted by quiet funk at 10:59| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
そこには笑顔が、いっぱい出来ましたね。 それが全てを語っていると思います。やって、良かった、行って良かったですよね。 遠路はるばる、お疲れさまでした。
Posted by ヒロ at 2011年09月08日 12:12
いつでもあくびです。今日で東日本大震災から半年が経ち死者15781人、不明者4086人戦後の自然災害としては最悪です。県警などは海の捜索に重点を置き不明者の発見に全力を挙げるが時間の経過と共に厳しさが増しているのが現状らしい。今だ避難所に身を寄せている方も多い。時間だけが経過しているのか?...東北人は先の見えない不安、気力など無くなった状態から復興へと立ち上り前進した半年です。東北人は粘り強いと思います。日本全国の皆様からお力には感謝いたしております。先は長いですが復興へ前進させて頂き以前のような生活が取り戻せたら、そう願うばかりです。
Posted by 伊藤 孝弘 at 2011年09月11日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。