2011年11月03日

#16

日本中、いや世界中を震撼させた、あの震災から8ヶ月が経とうとしている。この8ヶ月、TVを見ていて、震災や復興、原発、放射能などに関するニュースを見ない日は無いといっていいだろう。

僕自身、兵庫県宝塚市で阪神淡路大震災に遭い、実家にひと月程、避難していた経験がある。

今回の東日本大震災は地震の規模に加えて津波と原発が重なり、さらにダメージは大きい。ニュースを見て個人的に思うことはたくさんあったが、そこに暮らす人たちのことを思うと、軽々しいコメントは口にできなかった。

でも、何かしたい。何か出来ることはないのか?そんな葛藤の中、ニュースを見ていた。まさに僕もその一人。実際は僅かばかりの募金と祈る事くらいしか出来なかった。

そんな時、ふとしたきっかけで、宮城県の伊藤さん兄弟と連絡を取り合った。何か出来ないかという想いは僅かながら前進した。何が出来るかわからなかったが、僕たちだから出来る事をしようと考えた。

思いついたのは、釣具を被災地に配るという、一見、復興には向いていないように思われる行為だったが、進めていくうちに、人と人の繋がりを実感できた。人が人を思いやる気持ち、暖かい心を感じ取れた。これこそが僕たちのやりたかったこと。素直にやって良かったと思った。

たくさんの人の協力を得て、2度のイベントをさせていただいた。
でも、まだまだ本当の復興はこれからだと思う。

バス釣りを始め、遊びが人を元気にすると信じている。
東北のみならず、日本をそして世界を楽しいことでいっぱいに。。そんな想いを胸に地道に活動を続けて行きたいと思う。

最後に、先日亡くなったスティーブ・ジョブス氏のスピーチからの一言。
Stay Hungry. Stay Foolish.

(高知県・久保田 健二)
posted by quiet funk at 11:52| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
「寒いですね。」と挨拶が普通になりつつある東北です。二十四節気の一つ、立冬も過ぎ暦の上ではもう冬ですね。昼間は暖かい日もあり寒暖の差があります皆様お体に十分に気を付けて頂きたいと思います。


震災から今日で8か月になりました。被災地でも多少の不自由も有りながらも生活が出来る環境かと思われます。配給を打ち切り生活再建へとスタートして初めての冬が来ました。経験もした事のない今年の東北の冬、どんな冬になるのか・・・。仮設住宅でも寒冷地用ではない建物もありお年寄りが多い地域では自治体で寒さ対策に対応が急がれている。あの震災を乗り切った皆様ならどんなに厳しい冬でも乗り越えられる事でしょう。東北人は我慢強いですから。

報道などで東北人の復興への前向きな姿勢に人の強さを感じます。心をひとつにがんばりましょう!



Posted by いつでもあくび at 2011年11月11日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。