2012年10月01日

#22


posted by quiet funk at 10:00| Comment(0) | 日記

2012年03月11日

#21

朝からテレビ番組は震災一年伝えるものばかりで現地被災地の子供達が見たら思いだし震えてしまうような映像もあり、大臣、専門家、医師があの時どうしたら良かったやらを討論しており、危機管理の是非やら反省しておりました。今後の国の非常事態に繋がる話ではありますが、被災地は今日明日の話が欲しいのです。お役人と被災者との温度差を感じて見ておりました。

国は、これから東北にどうしてくれるの?
被災地の子供達はどうしてくれるの?って思って見ておりました。また、月日が経過するにつれて風化しないようにと…。

これから先、国には子供達の未来を考えた生活環境と復興プランを強国日本再建の為スピーディーにお願いしたいところです。

今日は、地元主催の追悼式に"いつもサンダル"氏と…。
帰りに運転しながら見る何もかも無くなった風景が、たった一年前までは美しい自然が多く釣り場があった故郷。朝から晩まで釣りをした事、元気のあるブラックバス達に出会えた事を思いだし、もう地元ではブラックバス釣りが不可能なのかなと、ちょっと悲しい気持ちになりました。

長々、勝手な意見を書きました。申し訳ございません。皆様から助けて頂いた事を忘れずこれからも"感謝一生"で頑張っていきます。
(いつでもあくび)
posted by quiet funk at 22:40| Comment(0) | 日記

#20

未曾有の大惨事を引き起こした東日本大震災から1年が経ちました。
あっという間の1年間で、未だに夢を見ているような感覚さえあります。

今日は各テレビ局で震災関連の特番を被災地から中継しているので、
多くの方々が視聴されたと思います。
私が住んでいる宮城県山元町は町の面積の4割が津波の被害を受け
2月29日現在で671名の死者を数え、いまだに19名が行方不明となっています。

沿岸部はガレキの撤去・被災家屋の解体が進み、何も無い更地が延々と続いており、
集められたガレキはうず高く積まれ、処理が進まないまま放置されています。
5m以上の高さがあった防波堤は、土のうによる2mあまりの仮堤防で
少し海が荒れると波しぶきが海岸通からでも見えるほどです。
地盤沈下により満潮時は塩水で浸かってしまう場所もあります。
福島第一原発から50キロあまりしか離れていないために放射能の影響も強く、
食べる物や子供達の健康面も大変気になります。

まだまだ復興には5年、10年と時間がかかると思いますが、
震災を受けなかった地域の方々には忘れる事なく記憶にとどめてもらい、
東北地方の復興に少しでも力を貸して頂ければと思います。

震災直後より、色々とお世話になりましたqf久保田様をはじめ、
支援物資を送って頂いた“nen”井上様、『とりあえずびーる』様、
本当にありがとうございました!

今年は復興元年、私も前向きに頑張って行こうと思います。
疲れた時にはバス釣りで気分転換をしながら・・・

“いつもサンダル”こと伊藤聖一
posted by quiet funk at 21:00| Comment(0) | 日記

#19

あの日から、一年が経ちました。
未曾有の大震災に大津波と原発事故。。
現地から遠く離れていても、報道される映像をみて強く心が痛みました。

半年を経て現地を訪れ、現実の厳しさを知りました。
しかし、そこに暮らす人々の逞しさを感じたのも事実です。
皆さん明るく前向きに頑張っています。

これから、復興への道のりは何年も掛かると思います。
だから時々は頑張っている自分を褒めてあげて欲しいと思います。

罪悪感を持つことなく、釣りや海遊びなどの楽しい時間を過ごす事が出来るようになってほしい。
残された我々がそのような環境を整える活動をしていきたいです。
そうできる事が、本当の復興になることを願ってやみません。

今はただ、未来を信じて。

久保田 健二


posted by quiet funk at 20:00| Comment(0) | 日記

#18

posted by quiet funk at 00:11| Comment(0) | 日記

2012年02月11日

#17

日本国中、大寒波の影響で厳しい寒さと各地大雪で大変な事になっております。
今日で東日本大震災から11ヶ月になります。
まだまだ原発問題などもありますが被災地では待ちにまった復興庁設立も致しました。これからは復興事業のスピードアップが課題と思われます。被災地ではまだまだ行方不明の方も沢山おられるのも現実です。不明者の集中捜査に警察は全力で着手しております。早く家族の元へ…そう願っております。
今日も東北は、平年より気温の低い寒い1日でした。
あれから11ヶ月早いものです。地震がおきた時刻にNHKのテレビ放映と共に黙とうを捧げました。

がんばりましょう東北!
(いつまであくび)
posted by quiet funk at 00:00| Comment(0) | 日記

2011年11月03日

#16

日本中、いや世界中を震撼させた、あの震災から8ヶ月が経とうとしている。この8ヶ月、TVを見ていて、震災や復興、原発、放射能などに関するニュースを見ない日は無いといっていいだろう。

僕自身、兵庫県宝塚市で阪神淡路大震災に遭い、実家にひと月程、避難していた経験がある。

今回の東日本大震災は地震の規模に加えて津波と原発が重なり、さらにダメージは大きい。ニュースを見て個人的に思うことはたくさんあったが、そこに暮らす人たちのことを思うと、軽々しいコメントは口にできなかった。

でも、何かしたい。何か出来ることはないのか?そんな葛藤の中、ニュースを見ていた。まさに僕もその一人。実際は僅かばかりの募金と祈る事くらいしか出来なかった。

そんな時、ふとしたきっかけで、宮城県の伊藤さん兄弟と連絡を取り合った。何か出来ないかという想いは僅かながら前進した。何が出来るかわからなかったが、僕たちだから出来る事をしようと考えた。

思いついたのは、釣具を被災地に配るという、一見、復興には向いていないように思われる行為だったが、進めていくうちに、人と人の繋がりを実感できた。人が人を思いやる気持ち、暖かい心を感じ取れた。これこそが僕たちのやりたかったこと。素直にやって良かったと思った。

たくさんの人の協力を得て、2度のイベントをさせていただいた。
でも、まだまだ本当の復興はこれからだと思う。

バス釣りを始め、遊びが人を元気にすると信じている。
東北のみならず、日本をそして世界を楽しいことでいっぱいに。。そんな想いを胸に地道に活動を続けて行きたいと思う。

最後に、先日亡くなったスティーブ・ジョブス氏のスピーチからの一言。
Stay Hungry. Stay Foolish.

(高知県・久保田 健二)
posted by quiet funk at 11:52| Comment(1) | 日記

2011年09月12日

#15

いつでもあくびです。今日で東日本大震災から半年が経ち死者15781人、不明者4086人戦後の自然災害としては最悪です。県警などは海の捜索に重点を置き不明者の発見に全力を挙げるが時間の経過と共に厳しさが増しているのが現状らしい。今だ避難所に身を寄せている方も多い。時間だけが経過しているのか?...東北人は先の見えない不安、気力など無くなった状態から復興へと立ち上り前進した半年です。東北人は粘り強いと思います。日本全国の皆様からお力には感謝いたしております。先は長いですが復興へ前進させて頂き以前のような生活が取り戻せたら、そう願うばかりです。
(9/11 #14へのコメントを転載しました)
posted by quiet funk at 09:22| Comment(0) | 日記

2011年09月07日

#14

★ペイフォワード in 名取復幸秋まつり vol.2

T Ito.jpg
仙台市の伊藤孝弘です。(いつでもあくび)
遅くなりましたが、お祭りの報告をさせて頂きます。

0 029.jpg

名取復幸秋まつり
9/4台風12号の影響で宮城.名取市は、曇り空でたまに少々強い風が吹く祭当日の朝を迎えました。

映像 136.JPG

映像 118.JPG

映像 119.JPG

私の友人達の協力を頂きテント張り、また提供品を届けて頂いた仙台のショップ.アンカーの菊地さん、お客さんの木村さんも準備に参加して貰いました。

映像 120.JPG

映像 121.JPG

映像 122.JPG

郡山ポパイスタッフ一同様、菊田釣り具店様、など全国の皆さまの支援で沢山陳列する事が出来ました。スタッフ一同驚きの高額品.レアものなどヨダレたらしてばかりでした。ありがとうございました。

映像 124.JPG

映像 125.JPG

映像 126.JPG

準備をお終えた我が”ペイフォワード"のテントには高知より久保田さん、奥様に来て頂けスタッフ達一同大興奮。ご挨拶してると開始前から品定めをする方々が入って次々とお決めになられました。嬉しい限りです。


映像 127.JPG

映像 129.JPG

映像 131.JPG

話を伺うと被災地、海が近い為釣り道具一式流された方が多かったです。今回は名取市民のお祭りで楽しいプログラムしたので子供からご年配の方まで沢山の方にお渡しすることが出来ました。

映像 132.JPG

映像 133.JPG

映像 134.JPG

希望した商品を頂いた方の笑顔がありましたが、またお渡ししたスタッフの笑顔がこぼれるイベントでもあったと思いました。直接現地の皆様にふれあえ手渡し出来たのはこのプロジェクトの目指していたものでした。

映像 135.JPG

映像 137.JPG

映像 139.JPG

今回のプロジェクトも大成功だったのではないでしょうか!これも皆様のご協力のおかげです感謝致します。ありがとうございました。

映像 146.JPG

映像 148.JPG

映像 149.JPG

最後に...記録的な大雨により大きな被害をもたらした台風12号。紀伊半島周辺地域被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます...

***

以上、今回のペイフォワードスタッフの中心メンバーである、"いつでもあくび" 伊藤孝弘様からの秋祭りイベントレポートでした。ありがとうございました。

伊藤様ご兄弟始め、アンカー菊地様、スタッフの皆様、色々とお世話になりありがとうございました。また、この機会を与えてくれた『Peace Of Life...』片岡様と関係者の方々に御礼申し上げます。

そして、当日、会場に来ていただいた皆様にお会いできて本当に良かったです。
(タイミングが合わず、お会いできなかった方もいらっしゃったようですが、また機会を改めて東北を訪れたいと思っていますのでその時を楽しみにしています)

元気を届けに行こうと思って現地を訪れましたが、皆さんの笑顔にこちらが元気と勇気をいただいた気がしました。ありがとうございました。頑張ってください!

quiet funk 久保田 健二



今回、開催までに時間的余裕が無かったので、提供を広く呼びかけられませんでしたが、ご協力・ご提供いただいた皆様の一部を下記に記しておきます(すべての方のお名前を明記できないことをお許しください)


Special Thanks to..

Ito Bro. & Pay Forward Staff
Peace Of Life...
ANCHOR
POPEYE SW 郡山店
菊田釣り具店
わてト隊長&吉田&松原
名取お祭り実行委員会

‥and more

(敬称略・順不同)


0 032.jpg

☆8/14の夏祭りイベント(福島県・郡山市)でペイフォワードブースを出していただいたPOPEYE SW 郡山店様に帰路、寄らせていただきました。今回の9/4の秋祭りイベント(宮城県・名取市)にも高橋店長を始めスタッフの方々からご提供いただきました。

PS:台風の最中、宮城まで車で行くと伝えた淡路PAスターバックスコーヒーのお姉さんありがとうございました。暖かいお心遣いに元気100倍でした。スタバ大好きです。 
posted by quiet funk at 10:59| Comment(2) | 日記

2011年09月06日

#13

★ペイフォワード in 名取復幸秋まつり vol.1

9/4(日)宮城県名取市で開催された”名取復幸秋まつり”の様子を画像でご紹介します。
当日の現地は、心配された台風の影響による雨も降らず、風が少し強かったですが、まずまずの天候に恵まれました。


イベント開場前に、震災の被害が甚大な名取市沿岸部の様子を見に行きました。
会場から車で5分ほどの場所で、仙台空港もすぐ近くです。


0 010.jpg0 014.jpg

名取川河口付近です。このあたりに津波が押し寄せたのをTVで見ました。
今では瓦礫もほとんど撤去され、家屋の土台(基礎部分)を残し更地になっていました。
付近には10m以上はありそうな大きな瓦礫の山が、いくつもありました。


0 015.jpg0 016.jpg

幹線道路を走っていると、道路脇に漁船や潰れた乗用車を多数見かけました。
海から随分離れた場所に大きな船があるのを見ると津波の凄まじさを感じました。
宮城県北部の町々では更に深刻な状況だと聞かされて言葉を失います。


eonmall_natori_airi.jpg

会場は、イオンモール名取エアリの広大な駐車場内で行われました。
ショッピングモール内は、多くのお店が立ち並び、たくさんのお客さんで賑わっていました。
行きかう人々の元気な笑顔に、確実に復興に向かっている印象を持ちました。


映像 117.JPG

開場前、ペイフォワードブース内の”いつもサンダル”伊藤さん
会場内には、たくさんの露店が立ち並び、お祭りムードを盛り上げます。
アサヒスーパードライのイベント店や仙台の有名な牛タン専門店の屋台もありました。


0 020.jpg

ペイフォワードブースの趣旨を示したスタッフ手作りのPOP


0 021.jpg

全国から寄せられたロッド、リール、ルアーなど


0 024.jpg

ペイフォワードブース前にて。
左から、qf久保田、仙台市ANCHORの菊地さん、”いつでもあくび”伊藤孝弘さん、”いつもサンダル”伊藤聖一さん


0 025.jpg

メインステージ横にペイフォワードブースを設置していただきました。
写真の少年たちを含め、たくさんの方々にご来場いただき喜んでいただけました。


0 026.jpg

ステージでは、地元内外のアーティストによるパフォーマンスで賑わいました。


映像 115.JPG

ペイフォワードブースをサポートしていただいた、スタッフの面々。


0 031.jpg

今回のお祭りの主催者のひとり、ボランティア団体『Peace Of Life...』片岡さんと



PS:当日のペイフォワードブースの詳しい状況は、また明日。ペイフォワード in 名取復幸秋まつり vol.2 として、”いつでもあくび”伊藤孝弘さんのレポートを交えてたくさんの画像をUPする予定です。お楽しみに。




posted by quiet funk at 16:25| Comment(0) | 日記